FC2ブログ
秋の楽しみ
2020/09/15(Tue)
ニョキニョキといつも通る道に突然現れた緑のニョロニョロ(笑)
20200914_160830.jpg




曼珠沙華です
20200914_160834.jpg


そう、秋には秋の楽しみがありますね。
この記事のURL | にっかん「主婦の友」 | CM(2) | ▲ top
朝の歩道
2020/09/15(Tue)
20200915_064534.jpg

色変わりした桜の葉っぱがたくさん。

朝は20℃を切り、寒くなりましたね。

…悲しいT.T



でも、四季を楽しまなくてはね!
この記事のURL | にっかん「主婦の友」 | CM(0) | ▲ top
故郷の教え 2
2020/09/15(Tue)
聖和8周年のお供えを見ながら思い出した、日本での教え。

「お供えの材料を買う時は、とにかく最高のものを揃えましょう。

どんなに高いものを買ってお供えしたとしても、それで十分なんてことはないでしょう。

天の前には足りないけれど、でも出来る限りのものをそろえましたと、そういう姿勢と万物が精誠になるから」。


普段は買い物なんて出来ないデパート地下の食品売り場で材料を揃え、お供えを作る担当者は祝福を受けた者のみ。

水行をし、6000双の教会長夫人から韓国料理を教わりました。

この韓日家庭の教会長が来られるまでは、お供えはお菓子でした。

韓国人の教会長が、本来のお供えは韓国料理と果物が中心だと改善して下さったのです。

実際に御父母様にお供えされた飴やチョコレートが届くこともあり、それを分け与えられるのは二世の子供達だけ、各家庭に配分するのは総務の私の役でした。

朝の5時に、持っている姉妹たちはチョゴリを来て敬礼式をした日本での名節。

懐かしく思い出しました。




20200904_090235_20200915214104ba4.jpg

この記事のURL | にっかん「主婦の友」 | CM(0) | ▲ top
故郷の教え
2020/09/15(Tue)
先日、お迎えの棟に住んでいるモンゴル食口のおうちにお邪魔しました。

私より一回り以上若い、3人娘のオンマ。

コロナで学校も幼稚園もお休みとあって、リビングはお人形やそのおうちその他、なんだかピンクピンクピンクして眩しいっ!

ドレス代わりに巻き付けてる掛布団も、着てるパジャマも全部ピンク。

女の子がいる家ってこうなのね~~。

元々家を整理するのが上手な姉妹なので、観葉植物が並んでいたり、ガラスや壁に装飾用のステッカーが貼ってあったり、きれいな住まいでした。

韓国の男は物を捨てたがらずに何でもベランダに置きっぱなし。

家はごみ箱じゃない!

ベランダに小さなテーブルを置いてお茶でも飲みたいのに要らないものばかりが増える…と、2人で盛り上がり。

なんだかスッキリしました^0^

彼女が渡韓して来てから10年ほど経っていますが、当時モンゴルには日本人の宣教師がいっぱいいて、日本にお嫁に行ったモンゴル女性もたくさんいたのだそうです。


仲の良かった日本のお姉さんの家に何度か遊びに行ったけど、そちらも娘3人で同じように2段ベッドがあり、にぎやかだった。

コップでもお茶碗でも日本製の素敵なのを使っていて、

「子供は神様の子供だから、出来る限りいいものを与えて、お姫様みたいに育ててあげなさい。

そうすれば子供たちは自分の価値もわかるし、自信もつく。

子供がコップを割ったからと言って、そんなことはなんでもない。

物は人が使い、やがて壊れるようになってるんだもの。

しまい込んだりせず惜しげなく使ってこそ万物が生まれた価値があるのよ」と、教わったそうです。

その教えが今も心に刻まれていると言いながら、見せてくれたのは象印の水筒。

子供達は全部象印でそろえたそうで、このメーカーが一番、氷水もあったかいお湯も温度が変わらないとほめていました。

ジュースを入れてくれたキティちゃんのコップも日本製。

なんかうちより日本家庭っぽいかも(笑)。

朝子供たちを直接幼稚園に送り、そのままアルバイトに出勤という忙しい毎日。

それでも愛嬌たっぷりの娘たちに囲まれて、幸せそうな空間でした。



m88467237985_1.jpg
この記事のURL | にっかん「主婦の友」 | CM(0) | ▲ top
失われた時を求めて
2020/09/13(Sun)
1週間くらいはのんびりしたいと語っていた、除隊直後の次男。

ところが次の日から毎日早起きの連続です。

早寝早起きの習慣の名残かと思いきや、目的がありました。




다운로드


高校時代に少し楽しんだという3男をアドバイザーに、日々鍛錬しております。

幼稚園時代にダウンロードして出会って以来、人生の友として二人三脚し続ける仲間。

ある意味幸せな事なのかもしれないですね。

この記事のURL | にっかん「主婦の友」 | CM(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ